あの人この人 愛媛求人インタビュー

若い社員さんから、ベテランの社員さんまで、一緒になって笑顔で写る社員の皆さん。向かって左端に会長、その隣に代表取締役の富久吾郎さん。

建設業界のイメージを変える!
自らの価値向上を目指す会社

株式会社富久東温市

「建設業界の地位を向上させたい」という志のもと、まずは自社がそのモデルになるべく、組織づくりに励むのが、株式会社富久です。代表取締役をされる富久吾郎さんに、徹底した生産性の向上と、感謝の心を大切にする同社の歩みについてお聞きしました。

代表取締役:富久吾郎さん、工事部第一課:重信幸輝さん

代表取締役:富久吾郎さん、
工事部第一課:重信幸輝さん

(動画再生時間 1:07)

愛媛東温の地に、根差した企業
専門性に特化した事業基盤

株式会社富久は、創業50周年を迎えた会社で、建設業と廃棄物の収集運搬処理及びリサイクル事業を、2本柱として手がける会社です。

土木工事では、東温市に根差した地域密着型の会社経営を行っていることからも、市内での仕事を中心に、土砂崩れ防止の堰堤や、農業用水路・ダムの工事などを専門的に行っている会社です。
最近では、橋の耐震補強なども手掛け、既存の施設を長く使うための工事もされています。また、建設機械が必要な仕事が多く、用途に合わせて様々な重機を整備しており、その台数は43台と社員数よりも多いそうです。

今回、案内をして頂いたのは代表取締役の富久吾郎さんですが、出身は東温市で、ご実家も現本社からすぐ近くにあります。高校までは地元の学校に通い、東海大学に進学後、東京の大手総合建設会社に入社、7年間勤務され、駅や線路の基礎を作る仕事をされていたそうです。
同社で勤務していた7年目の時に、現在の奥様と結婚され、愛媛に帰ってきました。その後、1999年に株式会社富久へ入社、2017年に、現職へと就任しました。

地元である愛媛東温市で専門性に特化した事業を行う㈱富久。 橋の補強工事に取り組む社員。

創業時から引き継がれる想い
学びから生まれる、信頼関係

そんな、富久さんですが、常に心に抱くのは創業者から引き継がれる「建設業界の地位をもっともっと向上させたい」という志だそうです。様々な方面から、職場環境の改善に尽力しており、生産性においては、仕事の機械化を進め、待遇面の向上を図っています。また、働く社員さんが自身の仕事に誇りを感じられるような、公式ホームページ、企業紹介動画や、会社紹介パンフレットを用意し、取引先や採用活動などで会社の魅力を伝えるツールとして活用されています。

株式会社富久では、社員教育にも力を入れており、毎朝の朝礼では勉強会を開き、お互いが仕事に対してどんな姿勢で取り組んでいるのか、想いや考えを共有する時間を設けています。そのため、社員間の距離も近く、プライベートを一緒に過ごす時間も多いそうです。創業者から引き継がれる想いが、社員にも浸透し、自然と助け合う社風が築かれています。

「20代の社員さんも多く、いつも明るい雰囲気で仕事をしています。協力体制は磐石で、新卒者はもちろん、経験や知識がなくても、しっかりと仕事が出来るようにサポートします。仕事で悩んだ時や課題にぶつかった時でも、全員でそうしたことに向き合い、協力し合い、前向きに捉える社風があるからなのか自ずと皆、前向きな人材に育っています。」と、社長の富久さんは話します。

独自の社員教育、自慢の社員の皆さんについて笑顔で話す、代表取締役の富久吾郎さん。

一から作る、物づくりの醍醐味
一人ひとりが希望を抱ける会社

若い社員が活躍する株式会社富久ですが、まさにその第一線で活躍されているのが、工事部第一課、重信幸輝さんです。
2016年4月に入社し、現在2年目。その入社のきっかけは、東日本大震災の復興支援をする、オペレーターの人たちの活躍を見たことでした。「自分もあんな風になりたい、社会のためにモノづくりに関われる機械を操ってみたい」と株式会社富久に入社されました。

そんな、重信さんに仕事のやりがいについてお聞きしました。
「何もないところから、工事に取り掛かり、完成して振り返ったときには、出来たものがはっきりと目に見えるので、すごい達成感を感じます。また、自分が関わった仕事を、偶然にも兄弟が見て、ほめてくれた時は、素直に嬉しかった事を覚えています。自分が作った物が形として残るのは、モノづくりの醍醐味だと思っています。」

周囲からの期待を一身に受ける、重信さんですが、入社する前と後では、会社へのイメージは大きく変わったそうです。
「株式会社富久では、新しい技術を取り入れようとする社風があるので、日々新たな機械に触れるのは、とても興味があって楽しいです。社員同士が、お互いを大切にする、温かい関係性が築かれていて、良い意味で思っていた建設業界のイメージとは全く違う会社でした。」

建設業への想い、会社でのやりがいについて話す、工事部第一課、重信幸輝さん。

求められるのは、感謝力
社会全体の繁栄を目指す会社

㈱富久では、全くの異業種から転職され働く社員さんもいますが、求める人材像について富久さんにお聞きしました。

「弊社の社員には、福祉業界から転職され活躍している社員もいます。全く違う仕事なので最初は戸惑うこともあったようですが、フォロー体制は整っているので、業界未経験の方でも、是非挑戦して欲しいです。また、弊社では地域に根差した経営をしており、地元への感謝の心を大切にしています。その為、感謝力の強い人は特に大歓迎です。」

株式会社富久の経営理念には、「信頼で社会に求められる経営」とあり、全社員が理念を指針として業務に取り組まれています。例えば、顧客との信頼を生むには、まず社員同士の信頼関係の構築が肝心と、先述した朝礼も行っています。
また、会社だけがまた、会社だけが利益を得るのではなく、顧客、地域、協力会社、全てが利益を得ることを大切にし、自社が培ったノウハウも業界全体へ共有することで、社会から求められる会社を目指しています。
愛媛東温の地から、自社だけでなく、社会全体の繁栄という、高い志を抱いて邁進する、同社の今後に期待です。

創業者の想い、富久さんの想いを明文化し、全社員が共有する経営理念。

皆様のプロフィール

Interviewee Profile

富久吾郎さん

株式会社富久
代表取締役

富久吾郎さん

1969年生まれ、現在49歳。趣味はフルマラソンで愛媛県が主催する愛媛マラソンにも出場されています。もともとは、ダイエット目的だったそうですが、知人の誘いがきっかけで、10kmから始まり、現在に至るそうです。

〇〇〇〇の
求人情報を見る

重信幸輝さん

株式会社富久
工事部第一課

重信幸輝さん

1997年生まれ、現在20歳。学生時代は硬式野球をされていて、今でも休日には地元のチームで草野球をされているそうです。平日は、ほぼ毎日トレーニングジムに通われていて、日々体を鍛えているそうです。

〇〇〇〇の
求人情報を見る

企業概要

Corporate Profile

  • 社  名
    株式会社富久
  • 住  所
    愛媛県東温市則之内乙1191番1号
  • 電話番号
    089-966-3666
  • 事業内容
    建設業
    一般廃棄物・産業廃棄物収集運搬処理業
    一般貨物自動車運送事業
  • 従業員数
    28人
  • ホームページ
    www.tomihisa-jp.com/index.html
株式会社富久
の求人情報を見る
無料で「あのこの愛媛」に求人掲載できます!

「あのこの愛媛」は愛媛県の
求人情報・移住情報サイトです