あの人この人 愛媛求人インタビュー

グループホームやわらぎ川内で働くスタッフさんと利用者さん。代表を囲んで

社員と利用者が共に感動を創り
成長し合える笑顔の職場

有限会社やわらぎ松山市

平成16年2月に有限会社やわらぎは設立されました。現在は松山市を中心に4ヵ所で福祉事業所を開設し約80名の方がグループホーム、小規模多機能型居宅介護、高齢者向け賃貸住宅等の施設で毎日、いきいきワクワクと勤務されています。

代表取締役:寺川勲雄さん/介護職員:石川晃さん

代表取締役:寺川勲雄さん
介護職員:石川晃さん

(動画再生時間 0:56)

自然豊かな土地に位置する
「体に優しい家」

代表取締役である、寺川さんに創業のきっかけをお聞きしました。もともとは、不動産業を営まれていた寺川さんでしたが、障がい児を抱える母親との出会いをきっかけに日本の福祉業界への不信感と不安を抱き、福祉先進国に視察へ赴きます。
そこで先進地と日本との大きな差を肌で感じた事から、業界の改革を決意し平成16年2月「有限会社やわらぎ」を設立、同年5月にグループホームやわらぎ(枝松)を開設されました。更には、平成28年に県内初となるユースエール認定企業として選出され、地域からも必要とされる企業へと成長しました。
そこで、今回は県内に4カ所ある、福祉事業所の中から愛媛県東温市の自然に囲まれた場所にある「体に優しい家」をテーマに建設され、化学建材を一切使わない「グループホームやわらぎ川内」に伺いました。
やわらぎ川内の館内は木目調で温かみのある色調と吹き抜けの天井に日が差し込み、明るい空間が広がっています。そこは社員さんや利用者さんの笑顔と笑い声で溢れ「ありがとう」が飛び交っている素敵な職場でした。

化学建材を使用せず、天然木材で創られた館内

人と接し、人と向き合う仕事
人に寄り添う心を育てたい

施設では、利用者さんの身の回りの世話を中心に行っています。洗濯や着替え掃除はもちろん食事の介助やイベント(芋堀大会)等の企画、運営等を行っています。グループホーム業界ではあまり見ない食事の調理を施設内で行い、利用者さんへの提供もしています。
「世間では、介護職は3K「きつい」「汚い」「危険」と言われています。高齢介護であり、認知症ともなると利用者さんが粗暴になることも珍しいことではありません。しかし、時間を掛け利用者さんと向き合い心を通わせていく中で、信頼が生まれ「ありがとう」と言ってくれる瞬間があります。介護は決して辛い事ばかりではありません」53歳のベテラン介護士の岩佐さんが笑顔で話します。
「人に接し、人に向き合う仕事。技術はいらない。心根の優しい人、働きたいと願う人と働きたい。駆け引きや計算の無い利用者さんと関わり時間を共にしていく中で、利用者さんの嘘のない素直な心から出てくる「ありがとう」を聞いて欲しい。仕事や人生のモヤモヤを吹き飛ばし生きている実感を得ることができる。そして、必ず次のステップへ進んでいく力になる。やわらぎは人に優しく寄り添う心が育つ場所なのです。」
長いサラリーマン時代を経て、多くの人や社会を見てこられた寺川さん。さらに寺川さんの想いは続きます。
「人と人が出会う中で真剣に向き合えば感動が生まれる。その感動を共に味わうことで、人は成長していくのです。」

介護の仕事について熱い想いを語る 代表取締役 寺川勲雄さん

柔軟な働き方が出来る
自分を大切にしてくれる会社

どこからともなく子供の泣き声が聞こえてきます。その声に目をやると、グループホームではあまり見る事のない光景がありました。最近、1年間の産休を経て職場復帰された二児の母である田中さんの姿です。田中さんは職場に時々子供と共に出勤し、子供の周りには常に社員さんや利用者さんの笑顔でいっぱいになります。「職場復帰への不安は大きかったですが、社員の皆さんに助けられ、安心して復職ができました。子供の病気や用事のある時はフォローし支え合う社風があり、良い意味で気を遣う事なく、休日をとることができます。」と笑顔で話されました。
事業所の責任者である竹崎さんは「山もあり、畑もあり、地域の人との関係も強く、よく野菜や食べ物を届けてくれます。それを社員や地域の人と一緒に食べる。都会では、こんな経験を出来ることはない。地域の人にも必要とされていると感じる事ができる。やりがいのある素晴らしい職場です。」
また、ダンスやトライアスロンなど趣味の多彩な社員さん達も多く「充実した人生を過ごしています。」「理解のある職場で働けて幸せです。」「応援してくれることが何より嬉しい。」と口々に語ってくれました。
やわらぎの有給休暇取得率はなんと95%を越えています。やわらぎでは障がい者の雇用にも力を入れています。業務上でのミスがあまりにも多い社員がいた事から、ご家族に相談したところ発達障がいだと病院で診断されました。
継続しての雇用に不安はありましたが「やわらぎで働きたい。」という本人の強い希望に寺川さんは雇用の継続を決断します。「その日からやわらぎの社員と本人、そしてご家族との話し合いを続けました。本人を理解し、改善を何度も繰り返していく中で、特性に合わせた業務の見直しをすると共に勤務日数や勤務時間の見直しも行いました。試行錯誤を繰り返した結果、働きやすい環境を整えることができました。今では本人だけではなく、周りの社員たちとの絆も深まり、いきいきと働いてくれています。」と笑顔で話す寺川さん。 この経験とノウハウを活かし、今後は精神障がいのある方の雇用も視野にいれているそうです。
「前向きに生きようとする人を応援したい。そのために雇用の場を創出していきたい。もちろん収益性も考えていく必要がありますが、それだけではいけないと思っています。その上で、働く社員の仕事もプライベートも充実させていきたい。そうでなければ良い仕事をすることなど出来ないと思いますから。」言葉だけではなく、行動し、形として示している寺川さん。
社員の皆さんとは、冗談を言い合ったり、相談を受けたり、何でも言い合える関係だと話される優しい表情が印象的でした。

全社員が共有する有限会社やわらぎの理念

「いきいき、ワクワク」
どんな人でも、感動できる職場

「やわらぎで求める人財は難しい技術や資格を有する人ではありません。資格や技術はあとからついてきます。心根の優しい人ならば未経験の人、地元に帰って働きたい人、障がいをもつ人、趣味を大切にしている人、道を誤ってしまった人、または引きこもってしまった人、どんな人でも構いません。大切なのは前向きに生きるという事を望んでいるかどうかです。」
福祉業界で求められ、有資格者重視の視点ではないやわらぎ。
「どんな人でも共生できる社会が大切なんです。足りない所を補い合えるそんな職場です。一緒に過ごす仲間や利用者さんと向き合うことで生まれる感動を通して、自分の人生を、日々、いきいき、ワクワクなものに変えて行きましょう。有限会社やわらぎは人に優しく寄り添う心が育つ会社です。」まさに人生道場というべき場所ではないでしょうか。寺川さんのお話を聞きながら、胸が熱くなる気持ちになりました。有限会社やわらぎのこれからに、そして、利用者さんとともに笑顔で仕事に取り組むスタッフの皆さんの活躍に、注目していきたいと思います。

利用者さんと、笑顔で話すスタッフさん

皆様のプロフィール

Interviewee Profile

寺川 勲雄

有限会社やわらぎ
代表取締役

寺川勲雄

大阪の大学を卒業後サラリーマン生活を7年経験し、長男であったこともあり地元の愛媛に帰省された寺川さん。75歳になるが、今まで培ってきた経験を活かし、有限会社やわらぎを立ち上げ代表取締役として活躍されています。

〇〇〇〇の
求人情報を見る

石川 晃

有限会社やわらぎ
介護職員

石川 晃

グループホームやわらぎ枝松店に勤務している石川晃さん。趣味のトライアスロンと仕事を両立させて充実した日々を過ごしています。最近では一児の父となり、益々人生を楽しんでいます。

〇〇〇〇の
求人情報を見る

企業概要

Corporate Profile

  • 社  名
    有限会社やわらぎ
  • 住  所
    愛媛県松山市福音寺町45-3 ロイヤルアネックス福音寺105号
  • 電話番号
    089-976-0119
  • 事業内容
    グループホーム、小規模多機能型居宅介護、高齢者向け賃貸住宅の運営
  • 従業員数
    80人
  • ホームページ
    https://www.yawaragi-ehime.com
有限会社やわらぎの
求人情報を見る
無料で「あのこの愛媛」に求人掲載できます!

「あのこの愛媛」は愛媛県の
求人情報・移住情報サイトです