あの人この人 愛媛求人インタビュー

株式会社明朗社、本社・工場に勤務する社員の皆さん。権名津さんを囲んで。

一人ひとりの自主性を大切にし
「やりたい」が実現される会社

株式会社明朗社砥部町

愛媛県指定無形文化財にも指定される砥部焼で有名な、愛媛県伊予郡砥部町。ここに地元の魅力を紹介するフリーペーパー「TOBE.NI.ARU」。しかし、そのフリーペーパー不思議なことに広告が一切入っていません。そんな同誌を手がける株式会社明朗社の権名津社長をお訪ねしました。

代表取締役 社長:権名津 隆治さん、印刷加工課:篠川 博典さん

代表取締役 社長:権名津 隆治さん、
印刷加工課:篠川 博典さん

(動画再生時間 1:22)

風通しの良い社風が魅力
創業70年が目前の企業

明朗社は、創業70年を控え、チラシ・リーフレット・カタログ・各種帳票類の印刷や、広告・販促ツール・イベントサポート等を手がけています。

代表取締役社長の権名津隆治さん。松山南高等学校を卒業後、帝京大学へ進学、東京で広告関係の仕事をされた後、30歳の時に帰郷。平成10年に明朗社へ入社され、平成21年には現職へと就任されました。

現在の本社ビルに移転する前は、工場兼自宅でもあったので、幼いころからインクの匂いが漂う中で育ったそうです。権名津さん自身は、祖父、祖母、父のあとを継ぎ、4代目の社長となりますが、それまで培ってきた、社風や経営の想いを明文化して、経営理念も社内に浸透させ、制度にも活かそうとされています。

人事評価制度の導入や、毎月全社会議を開いて、事業の透明化を図り、社員一人ひとりに当事者意識を育もうとされています。人材育成には力を入れており、特に今、重視されているのが、社員の皆さんの自主性だそうです。自主性を高める為に、社員のアイデアや意見をどんどん取り入れていく。その一つが、まさにこのフリーペーパーでした。

社員たちのアイデアがつまった地域情報誌・「TOBE.NI.ARU」

部署を越えた、一体感ある会社
挑戦することが、毎日の原動力

明朗社では、向上委員会と呼ばれる、様々な内部組織があります。部署を横断したメンバーでチームを作り、美化営繕委員会、情報発信委員会、商品開発委員会といった委員会が存在し、リーダーを中心に年間計画をたて活動されています。「TOBE.NI.ARU」も地域貢献委員会からのアイデアがきっかけでした。

「業務とは関係ない自主的な活動を通して、主体性を養ってもらい、自ら企画して、行動するという経験を積んでもらっています。」と権名津さんは話します。
明朗社では、このように自発性ある社員さんが活躍されていますが、同じように印刷会社としての技術力向上にも力を入れておられます。それを担っているのが、印刷加工課印刷加工チームの篠川博典さんです。

2016年3月に入社され、現在3年目となる篠川さん。前職でデザインの仕事経験があり、結婚を機に砥部へと移り、印刷に関わる仕事を探していたところ、明朗社さんに出会ったそうです。
「仕事では、印刷物をお客様に届ける前段階の工程を担っており、製本作業を中心として、幅広く様々な業務に取り組んでいます。その為、日々新たな仕事に挑戦することが、やる気の源になっています。」
篠川さんは、入社時からお世話になっている先輩がいるそうですが、その先輩に少しでも早く、一人前として認められることが、今の目標だそうです。

大好きな印刷の仕事に熱心に打ち込む、印刷加工課、印刷加工チーム、篠川博典さん。

多能工化による、技術継承
世の中のニーズに応える会社

明朗社の印刷工場では多面的なスキルを担う多能工化を人材活用方針の一つとしています。 「篠川さんが普段行っているような、製本作業一つとっても、種類も多ければ、コツなども色々あります。多能工がふえていけば、会社として、品質の安定や技術の継承も出来、業務の幅も広がり、個々の能力も高まるため、それぞれの価値も高まります。また、社内における業務効率化も図られていくと考えています。」と権名津さんは話します。

「加えて一時期、私たちの業界では、機械を捨て、営業に力をいれることが大事というような流れもありました。しかし、多種多様なニーズを求められる世の中においては大量生産ではなく、様々な要望にいかに応えていけるかを重視しています。だからこそ、多能工化や、社員の自主性を大切にし、一つのことだけでなく、常に新たな挑戦が出来る姿勢や社風を大切にしています。」

このように、明朗社では、社員の自主性を育むだけでなく、技術面での成長にも力をいれているようです。人間的成長と技術力の向上を併せ持つ会社だからこそ、新たなチャレンジができ、社員一人ひとりの「やりたい」が実現できる、社風や文化が築かれています。

尊敬する先輩社員さんに指導してもらい、一生懸命技術を学ぼうとされる篠川さん。

求められるのは「やる気」
アイデアが表現される会社

明朗社さんの社内を見ると、Uターンの社員さんが多く活躍していますが、それは、砥部という町がベッドタウンの役割を担っていることにあります。その為、県外のどこの地域に行っても、最終的には地元に戻ってくる人は多く、「Uターンは大歓迎です」と権名津さんは話します。

「弊社では、様々な職務経験が技術の場面でも活きるので、中途採用に力をいれています。仮に、未経験だとしても、先輩の社員が丁寧に、時に厳しくみてくれるので、篠川さんのように安心して仕事が出来る体制があります」

そこで、権名津さんに求める人材像をお聞きしました。
「明朗社の理念には、自分で考えて、自分で行動できる人に成長して欲しいという想いがあります。現在の印刷業界で自分たちの強みを出していく為には、もっと商品の多様性を広げる必要があります。だからこそ、社員のアイデアを大切にしています。やる気があって、どんな事にも一生懸命取り組める方であれば大歓迎です。」

以前の職場では思うようにやりたいことが出来なかった、自分のアイデアを表現したい、活かしたいという人には、凄く魅力的な会社と言えるのではないでしょうか。

創業者の想い、社員さんについて誇らしげに話す、代表取締役社長、権名津隆治さん。

皆様のプロフィール

Interviewee Profile

権名津隆治さん

株式会社明朗社
代表取締役社長

権名津隆治さん

1968年生まれ、現在50歳。休日は奥さんとのドライブを楽しまれており、1人の時は読書をされているそうです。学生時代はバブルの最中で、よくビリヤードをされたほか、マイキューも持っていたそうです。

〇〇〇〇の
求人情報を見る

篠川博典さん

株式会社明朗社
印刷加工課、印刷加工チーム

篠川博典さん

1981年生まれ、現在36歳。34歳の時に結婚され、2017年7月にお子様が生まれたそうです。今は、お子様と過ごすことが何よりの楽しみだそうですが、若い頃は、登山などもされていたそうです。

〇〇〇〇の
求人情報を見る

企業概要

Corporate Profile

  • 社  名
    株式会社明朗社
  • 住  所
    愛媛県伊予郡砥部町重光150番1号
  • 電話番号
    089-958-6868
  • 事業内容
    印刷加工事業
    宣伝広告事業
    イベント運営サポート事業
  • 従業員数
    32人
  • ホームページ
    http://meirosha.co.jp/
株式会社明朗社
の求人情報を見る
無料で「あのこの愛媛」に求人掲載できます!

「あのこの愛媛」は愛媛県の
求人情報・移住情報サイトです